相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は?口コミは?

https://tv.yahoo.co.jp/program/67368587/

【相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は? 1/19】

『相葉マナブ 『マナブ!大豆から豆腐づくり』SPゲストと豆腐・納豆作り!大興奮! 1/19』

今回の放送では、

南房総で300年続く農家さんの畑をお借りし、自分たちで育てた大豆を収穫して豆腐を作ります!

!納豆作りにも挑戦!あるものに入れると簡単に作れるのだとか!?

といったことについて放送されるみたいですね!

そこで今回は、

【相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は?】

について詳しく見ていきたいと思います!

相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は?

<南房総で300年続く農家さんの畑をお借りし>,とのことでこれについて調べたところ…

「相葉マナブ」のテレビでは準レギュラーと言われている、稲葉さんご夫婦。

番組では「稲葉さんち」は千葉県南房総市で300年も続く農家として紹介されています。

稲葉さんは「百姓屋敷レストラン じろえむ」を経営されているようです!

場所ですが 千葉県南房総市山名2011

 

営業時間:10:00~15:00

定休日:不定休

予約:完全予約制

TEL:0470-36-3664

予約制なのでご注意を

相場マナブ 百姓屋敷レストラン じろえむ 口コミは??

===================================
南房総市に行く用事が有り、お昼過ぎになったので事前に予約しておいた『百姓屋敷 じろえむ』に行く事にしました♪
じろえむには前に何度か行った事が有り、南房総市に来た時は事前に予約して行く事にしてる場所です♪
築300年の古民家でやっているお店で、お店に出している材料は全部自分達で作っていて、しかも無農薬、有機野菜にこだわっているお店です♪
=====================================
やっと暖かくなってきた房総半島に行った時にお邪魔しました。
ちなみに…今回はテレビの撮影もありまして…BSフジの「夢の食卓」にて訪問の様子が放送されました。もちろん、とりあげられたのは「じろえむ」さんがメインですが…。
その時に名前の疑問がやっと解けました。「じろえむ」というネーミングはどこから来たんだろ…?と思っていたんですけど、代々「次郎衛門」という名前を受け継いでいるそうで、それが店名の由来だそうです。

お食事は前回お伺いした時よりも値段をアップしてみました。2160円のおまかせです。
やっぱ、こちらのお食事は一から作ってらっしゃるし、素材の味もいい意味でしっかり濃いものなので「命をいただく」という「いただきます」の心が強くなるお店です。
また、房総半島に行く時は立ち寄りたいお店です。
=====================================
いい旅夢気分を見て、前から来たかった百姓屋敷じろえむ、に来ることができました。

場所は房総半島外房の鴨川と館山、内房の富浦を結ぶ三角形の真ん中辺りです。高速道路なら富浦からが近いです。

本来完全予約制との事ですが、取り敢えず探検がてら駐車場まで来てから電話すると快く迎えて頂けました。

豪農を思わせる立派な門をくぐると、まるで故郷に帰ったような気がする農家が。庭にはいろんな植物が一杯。玄関では無く、縁側から座敷に上がると、そこは昭和初期の雰囲気。ダイヤル式のレトロなテレビが懐かしい。このお宅は300年前に建てられたもので、通り門は明治17年建造とのこと。お店の名前は、屋号の治郎右衛門に由来するそうです。現在のご当主は14代とのことで、養鶏を営んでおられます。
=======================================
世の中にはまだまだいろんなお店があるものです。

こちらのお店は、築300年の農家で畑・田んぼ・酪農を営み、自ら手塩にかけて育てた米・鶏・玉子・野菜・味噌などを使った自然食を提供していただけるとの事。

調味料の一部を除くほとんど全ての食材が自家製で、自給自足率は約99%というから驚きです。

場所は千葉県の南房総市、房総半島の突端にある館山からちょっと北に進んだところにあります。

インターを降りて、田舎道を進んでいくと、ほんとにこの先に家があるのか?!と思う程田んぼに囲まれたワイルドな田舎道が続きます。

しばらく進むと、茅葺き屋根の大きなお屋敷が現れました。

車を降りると、虫や鶏の鳴き声以外の音が全然しません。

車の音、電車の音、飛行機の音、工事の音、その他生活音など、普通の住宅街や町に住んでいると必ずなんらかの騒音が聞こえますが、田舎の音の無さに不思議な感覚を覚えました。

門の近くで店主に遭遇し、お屋敷に招き入れていただき、まず感じたのは天井が低いこと。

はぁ~、昔の家ってこういう造りをしてるんですねぇ。

通された客間にはいったい何十年前の物かと思うような古書が並んでおり、床の間にはこれまた古そうな掛け軸や様々な置物が目に入ってきました。

電話で予約をしたときにコースは1575円~3150円までの525円きざみとの事でしたので、あらかじめ3150円を選択しておりました。
========================================
まず百姓屋敷じろえむはこんな感じ。

ちなみに行き方は難しい。

千葉のガイドブックか食べログのHPでみてみてください。

で、中にはいると〜

クーラーなどはありませんが、自然の風で気持ちいい〜(9月2日に行きました)

雑誌にも紹介されています。

じろえむというのはここの先祖がすべて治郎エ門さんだったところからみたいです。
======================================

 相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は?口コミは?まとめ

今回は相場マナブ 南房総の農家さん稲葉さんちとは?場所は?まとめ

について詳しく見てきたのですが

これからの更なる発展、活躍に期待したいですね!!

1/19放送の「相場マナブ」に南房総で300年続く農家さんが出演しますので

お見逃しなく!!

最後まで閲覧して頂きありがとうございました!

テレビ

Posted by mitti